機略自在デッキ
 魏軍の軍師、司馬懿仲達の計略『機略自在』を軸に流れを組み立てるデッキ。味方にかければ武力+4知力+2と移動速度上昇、敵にかければ計略の効果を消して武力−3。

 武力の上昇値自体は低く普通の号令相手だと押し負けてしまうので、知力上昇値を生かした刹那系の計略に併せたり、相手の号令や超絶強化に対しての雲散目当てで使うと有効。効果時間が長く、自城前で使ってもそれぞれ1発ずつ攻城出来るぐらいの長さがある。また、士気MAXからの2度がけはかなり強力。普通の号令なら一気に蒸発させることが出来、知力も+4されているので火計や水計で典韋がギリギリ生き残るレベル。だが、移動速度も尋常じゃなく槍兵でさえ迎撃を取られる速度になるので、相手に槍が多いときには注意が必要。

 雲散目的で使用する場合には、諸葛亮の八卦3がけや馬超の一騎当千に注意。前者の場合、機略の味方がけで十分対応可能。後者の場合、乱戦状態だと厳しいことに変わりは無いが、典韋の刹那の怪力ならほぼ同等の武力になり、そこに連突を入れれば案外早くに落ちてくれる。
デッキ
 基本的な構成はVer.2時代の攻守自在と同じ。典韋を壁役にして騎兵の連突というのが黄金パターン。反計持ちだった程イクが隠密戦法に変わってしまったために、代わりに劉曄を入れている。その分、槍が一枚減ったので蜀に対しては以前以上に注意が必要。

 また、攻守自在の妨害(武力と知力低下)とは違い機略自在の妨害は雲散+武力低下なので、先掛けが有効だった攻守とは逆に相手の計略に合わせて戦略を変えていく必要が出てきた。また、典韋の計略が身代わりから刹那の怪力になり城門に張り付いている際や、相手の単体超絶強化とかち合うときに使うと有効。機略中ならそれなりに使える。

 楽進は完全に武力要員。計略も強化戦法になってしまったため、士気が余りそうだからとりあえず…的な運用が出来なくなったのは辛い。知力は下がるが、士気3で大幅に武力が上がる牛金や、逆に武力は下がるが弱体化持ちの郭皇后なんかも選択肢となりうる。蔡文姫あたりを入れるととても面白いことになるが、5枚デッキでは少々分が悪いか。

 劉曄の反計はあくまでおまけのようなもの。Ver.3.1でさらに範囲が狭くなってしまい、狙って反計をするのはかなり難しくなった。防衛時に張り付いている相手のダメ計持ちにぶつけたり、マウントの際に土煙が出ている部分や相手の動きを読んでマウントする…など。ただ、混戦になり敵味方入り混じっている状況だと相手も意外と存在を忘れていることが多い。「反計可能」が出たからといって何でもかんでも反計するのではなく、本当に反計が必要かどうかを一瞬で判断することが必要。機略の雲散で対応できる状況ならそちらのほうが有利になることも多い。


 ・基本運用
 高武力の典韋は低知力。伏兵がいる場合かなり危険なので、序盤は伏兵を掘ることに専念しよう。柵や櫓があるときには早めに破壊しておきたい。逆にこちらの伏兵が残りすぎるのも微妙。特に軸になる計略を持っている司馬懿が中盤になっても踏まれない…なんてことになると、折角の伏兵が無駄になってしまう。相手が桃園などならそれでも有効だが…。

 中盤(士気6〜)ぐらいから相手も動き始める。相手が号令を使ってくるようなら機略の雲散をメインに据えプレッシャーを。それを警戒して動かないからといって先に味方掛けを使ってしまうと、逆に号令で押し切られることもある。また、相手の号令持ち以外を残して雲散してしまうと、号令2掛けとかもありうる。誰を雲散し誰を残すかも重要になるので、落ち着いて画面を見よう。

 相手がダメ計を持っている場合、このあたりで高確率で使用してくる。なるべく範囲に複数部隊が入らないように気を付け、狙えるなら反計でプレッシャーを掛けていこう。多くの場合、相手は典韋を狙ってくる。典韋が落とされたら無理をせずに城に戻り、防衛に専念しよう。こちらが士気を使っていない状況なら十分にカウンターを狙える。
 また、機略の味方2掛けなら知力も+4になり、赤壁を食らっても典韋がぎりぎりで焼け残る…かもしれないライン。移動速度も上がるので敵を撹乱しつつ攻めあがろう。ただ、迎撃には要注意。ただ、ピンポイント落雷で狙われたらどうしようもない。典韋が張り付くときは単体にならないように気をつけよう。

 厄介なのが妨害計略。特に完殺の計は武力が下がり、効果中に撤退すると復活カウントが面白いぐらいに延びる。2掛けなんてされて殲滅されたら落城決定コース…。なるべく複数部隊が掛からないようにしたり、早めに倒してしまうように心がけよう。

 呂布に対してはかなり有利。天下無双と機略自在の消費士気が同じなため、基本的に天下無双を使われたら雲散していれば特に問題は無い。相手の士気を計算しつつ、天下無双を打てる状況のときはこちらも機略を打てるように士気を運用しよう。天下無双を雲散する場合、呂布単体ではなく他の部隊も巻き込んで雲散したほうがお得になる。

 同じ単体超絶でも低士気で使えるものは厄介。主に群雄の自城削り計略がメインになるが、普通に雲散してしまうとこちらが士気3ほど不利になってしまう。少ない被害で相手から逃げられるのであればそのほうが相手の城にダメージが入るし、多少攻城されるとしても1発程度ならそれほど城ダメの差は生まれない。


 ・まとめ
 基本的に有利不利があまり無いデッキ。どのデッキでも言えることなんですが、個々のデッキに対する対応策を理解し、その通りに運用できれば大抵の相手には五分以上の戦いは出来ると思われます。初めてあたるデッキや、見慣れないデッキと当たると負けることが多いのは経験不足が原因でしょう。負けたときには敗因を考え、次回にそれを活かせば次第に慣れていくものです。それでも負ける場合は自分のスキル不足ってことで。