遊撃警艦パトベセル 〜こちら首都圏上空青空署〜

シナリオ:15 音楽:14 CG:18 演出:17 システム:15 合計:79点

 May-Be SOFTのプレイ4作目

 この作家さんのシナリオはテンポが良くて好きなんですが、だんだんと話のコンセプトや展開が荒唐無稽になってきてるような…
 今までの作品も十分現実離れした設定と言えばそうなんですが、今回はそれ以上に…
とは言え、文章力というか、読みやすさや展開のスピードは◎。重すぎず軽すぎない、適度なバランスのシナリオなので、楽しむと言う点においては高評価でしょう。

 音楽は可も無く不可もなく。
 目立たないと言えば目立たないんですが、展開の空気を壊さない程度にもう少し前に出てきてもいいかもしれない…ってな感じでしょうか。

 CGもずっと同じ絵師さんです。
 好みの分かれるタッチかもしれないですが、個々のキャラが出来上がっているので問題なし。背景や塗りも十分なレベルと言えるでしょう。

 演出・システムですが、なんと言ってもえちぃシーンのアニメーション。以前の作品にも同じようなシステムがありましたが、今回はさらにパワーアップ!だそうですよ。いや…、正直な話、クリック連打であんまりしっかり見て無かったって噂も…

 基本的なインターフェースは揃っており、アニメーションが入る割には動作もスムーズなので、ストレス無くプレイできます。

 まとめ
 どちらかと言えば…、いや、確実にギャグ寄りのストーリー。
 個々のルートではそこそこシナリオが展開し、こういったゲームにしては頑張ってるほうだと思います。
 全体的に均整の取れた作品でしょう。