ONE 〜輝く季節へ〜

シナリオ:14 音楽:16 CG:15 演出:14 システム:16 合計:75点

 ぶっちゃけて言って、菅☆マン的に評判が先行して期待はずれ感ヒシヒシだった作品。
 『永遠はあるよ…』・・・あるのか?みたいな。
 ストーリーは、主人公の幼い頃に約束がきっかけで、次第に主人公の”存在”が世界から薄れて行く。この世界に主人公を繋ぎ止めるのは誰か…と言うような流れ。ぶっちゃけて(連発してますが)、菅☆マン自身、あまり集中してプレイしていないこともあり、話しの根本を良く理解してません。