加奈〜いもうと〜

シナリオ:20 音楽:17 CG:16 演出:15 システム:15 合計:83点

 D.O.初期(ってほど古くも無いけど)の作品です。田中(仮名)氏がシナリオ重視の菅☆マンのために持ってきてくれた、田中氏一押しの作品。といっても既に数年前のお話ですがね。
 シナリオ点が驚きの20点!菅☆マンとしての感想は「哀しい…」の一言に尽きます。
 ストーリー紹介ですが、生まれつき病弱な妹を持つ主人公。両親はそんな妹につきっきりになることが多く、幼かった主人公にとって妹は「疎ましい存在」でしかなかった。だがその感情も幼い日の出来事により「守らなくちゃいけない存在」へと変化していった…。
 とまぁ、幼い日の回想からゲームはスタートします。その後のストーリーは実際にプレイしてみてください。いくつかのエンディングが存在しますが、どのお話にも共通して「人の死」という極論的なテーマがあり、菅☆マンも久しぶりに泣きそうになりながらプレイ。ホントに久しぶりにいい作品に出会ったな〜と思った記憶があります。
 さてさて、シナリオ以外は平凡な点数ですが菅☆マンとしても一押しのゲームです。