グリーングリーン

シナリオ:18 音楽:16 CG:15 演出:19 システム:16 合計:84点
 GROOVERの処女作にして一番のヒット作がコレ。
 なぜか発売後少し間をおいてからヒットしてますね。
 今では人気ギャルゲーの基本ルート「アニメ化」&「プレステ2で全年齢版」も行われ、人気爆発中のようです。
 山奥にある全寮制の男子校。質実剛健を校風に掲げるなんとも時代遅れな学校も不況の煽りを受け試験的に共学化へ踏み切ることに…。そこから始まる主人公たちのドタバタコメディ。といったところでしょうか。
 お話の冒頭部分…というか、それぞれのキャラの佳境に入るまでは、かなりのバカコメが続きます。しかも下ネタ。結構笑えます。終始この調子で進むのかと思いきや、佳境に入ると一変してシリアスムード満点に。特に早苗ルートのエンディングは危うくTeardropですた…。
 主人公を取り巻く濃いキャラたちとの漫才は必見です。
 ただ、いくつかダメ出しをさせてもらうと、えちぃシーンのCGがいまいち。あと、エンディングがあっさりし過ぎている。というか、少々物足りない感もありました。贅沢かもしれませんね;
 他方からの様々な人材を使って作られており、テーマソングも沢山のバリエーション。そしてなかなかの高得点と、菅☆マンもお勧めする作品です。