FESTA!! -HYPER GIRLS POP-

シナリオ:17 音楽:15 CG:17 演出:18 システム:13 合計:80点
 鏡町、御剣町、二つの街が合併して出来たのがまほろば市。だが、二つの町は古くから犬猿の中。合併したのに街の中には街を二分する境界線が…
 そんな街の境界線上に位置する学園に転校してきた主人公と周りの人々のお話。(かなり略)

 設定自体がかなりムリしてますが…まぁ、いいか。
 ゲームの進め方がちょっと風変わり。まず、全体がいくつかのセクションのように分割されています。まぁ、章みたいなものですかね。
 そのセクションごとでSSを選んでいくわけですが…。

 SSってサンデーサイレンスじゃないよ?(競馬)

 ストーリースティックの略だそうで…、短いシナリオになってます。要するに、章毎にSSと呼ばれるシナリオをいくつか選択して読み進めていくスタイルです。
 そして、どのSSを選んだか、と、SS内の選択肢によってストーリーが分岐していきます。

 インターフェースについては、セーブロード等が右クリックとかからできればもっといいんだけどなぁ…。他にも無駄に長い画面効果なんかがスキップできないとか、数分費やすエンドロールもスキップできないから毎回見ないといけないとか…。1回でいいよね…。

 なんかシステム説明に量を費やしてるなぁ…

 んで、肝心の内容はというと、ギャグ色が強いシナリオ&演出でしょうか。導入部から中盤にかけてはテンポも良く読みやすいですね。個々のエンディングに向かうルートも基本的な学園モノってな感じです。
 実際の小説や寓話などを引き合いに出したり、歴史的な話が盛り込まれていたりしますが、プレイヤーによっては好みが分かれるところだと思います。ま、菅☆マンは嫌いじゃないですけどね。

 ただ、ネタバレになるので固有名詞は伏せておきますが、某メインキャラルートがなんと言うか雰囲気がガラっと変わると言うか…。いきなり修羅場っすか?!しかもそのまま終了?!ってな感じで終わり、その後にトゥルーエンドルートが出現していくのですが、そのストーリーもなんというか…。
 ムリに狙いすぎた感というか…、個人的にはこのままギャグ的なテンポと定番の流れで統一したほうが良かったように感じました。

 それにしても、まさかヤヲイルートがあるとは…   (滝汗

 え…えと、あとは…CG。
 全体的には良かったと思います。所々荒い部分も無きにしも非ず…ですが、普通に見てる分には無問題でしょうかね。

 長くなってるのでそろそろ総評。
 ギャグ的なノリが好きな方はそこそこ楽しめると思います。 (まとめ1行