何処へ行くの、あの日

シナリオ:16 音楽:15 CG:16 演出:16 システム:17 合計:80点

 え〜、積みゲー消化の一環として光速でプレイした作品なんですが、思いのほかまとまっていたでしょうか。
 ストーリーは、ある罪を抱えた主人公、そして主人公を悩ませる記憶の映像。そんな中タイムトリップを可能にするという薬を巡る騒動…、そして見えてくる過去、真実…
 あぁ、鬱だ…、といった展開。
 ストーリーは狙いすぎた感がありいまいち。テーマなどは良かっただけに勿体無いですね。個人的には妹が良かったんですが、いつの間にか田中(仮名)氏に妹属性を感染させられたようです。CGは全体としてよかったのですが、所々荒さが目立ちましたかね。音楽も無難に…というか無難すぎるような感じで今ひとつパッとしない感じでした。
 さてさて、総評としては確かにハッピーなお話ではないので好みは分かれると思います。が、物語のテーマを考えるようにしてプレイすれば楽しめる…というか考えられる思います。