D.C.U

シナリオ:17 音楽:18 CG:17 演出:17 システム:17 合計:86点

 ようやくプレイしました、D.C.U
 前からやろうやろうとは思ってたんですけどね…

 前作?のD.C.の音夢エンド後(…なのかな?)の初音島が舞台。そして基本的な設定とかも大体同じ。枯れない桜が叶えた夢と、その夢から生まれる問題。そんなところがストーリーの基本軸になってます。ただ、D.C.で一度枯れたこの魔法の桜が、なぜ今回蘇ったのか…。そこのあたりがストーリーの要でしょうか。
 個々のキャラのシナリオですが、そのストーリーの要が絡んでこないキャラのほうが多いですね。展開も、前作に比べれば先読みしやすかった感じです。まぁ、切ないシナリオですが最終的にはハッピーエンドですし、終わりよければ全て良し!ってことで。
 あ、でも、最後のシナリオ「D.C.」の部分では何だか謎を残して終わったなぁ…。これはまだ続きがあるということなのか…どうなのか…

 次に音楽。
 とりあえず、ボーカル曲のクオリティの高さと豊富さは凄い。制作はランティスですが、君望辺りからどんどん伸びてきてますね…。その他のBGMも、前作で聞いた懐かしいものから新しいものまでたくさん。かなりいい感じだったと思います。

 んでもってCG&演出
 原画師が何人かいるみたいですが、塗りが統一されているからか違和感は無し。背景も満開の桜とか難しい背景が多いですが、綺麗に描かれてますね。また演出面でも、桜吹雪や舞い落ちる雪とかのエフェクトが入り、その割には動作も軽いので良かったですね。

 あとは…システムか…
 基本的には前作と同じシステム…ってか、CIRCUSさんおなじみのシステムですね。ずば抜けて使いやすいというわけでもないですが、使いづらいところが無いシステム。


 まとめ
 なんというか、もっと主人公の設定…細かい部分はネタバレになるので伏せますが、その辺を他のキャラのシナリオにも絡ませて描いても良かったんじゃないかな〜とか思ったりします。ってか、美夏のルートだと、桜の木自体があんまり関わってなかったような気もするし…。でもまぁ、お話自体は凄くいいお話だったと思いますよ。