BALDR BULLET REVELLION

シナリオ:16 音楽:18 CG:18 演出:15 システム:18 合計:85点

 久方ぶりに戯画、バルドチームの作品をプレイ。

 …と言っても、バルドフォース(以下BF)より前の作品のリメイク版。世界観はBFに近い物がありますね。

 ゲームのアクションシステムもBFとほぼ同じ。
 絵師も同じ菊池氏です。個人的にスキです。     <告白?

 シナリオは、他の作品と同じく読みやすいのですが、BFやデュエルセイバーなんかに比べると少々薄い…というか、浅い感じがしました。BFのように、クリアするごとに徐々に真実が見えてくる…ってな深みがあると良かったですね。
まぁ、それを差し引いても、設定や世界観の作りは後の作品に繋がるものを感じます。

音楽はave;newが担当。I'veのサウンドも好きですが、ave;newもかなりクオリティの高いサウンドですね。


まとめ
リメイクと言うことで、どうしても全体的なボリュームが低く感じてしまいます。他の作品をプレイしていない方は、この作品から順々にプレイしたほうが楽しめるかも。