暴虐陥陣営デッキ
 SR董卓の号令「暴虐なる覇道」で自城を削りながら敵を殲滅し、自城ゲージが少なければ少ないほど武力と攻城力が上がるR高順の「陥陣営」で相手の城ゲージを一気に削り取るという一発逆転の戦略を用いるデッキ。

 自城ゲージを犠牲にする計略が多い群雄武将の特徴を生かした戦い方が出来、その計略の効果も高いために、はまれば完全に、容易に自分のペースで戦いを進めることが出来る。また、序盤に劣勢に追いやられても、逆に有利になることもある。

 ただ、調子に乗って自城ゲージを削りすぎると、頑張っても追いつけなかったり、端攻城していたチョロ松に落城させられる…などなど、状況にあわせて無理をしないなど、基本的なスキルは当然のように必要。

 また、対応策を確立している相手に対してはキツイ(まぁ、どのデッキにも当てはまりますが…)。ダメ計持ちに高順を落とされると、それだけで勝負が決まってしまうこともあるので、なるべく固まり過ぎない戦術も必要になってくる。
デッキ
 R董卓 コスト2.5 武力8 知力8  特技 魅  計略 暴虐なる覇道    (旧カード)

 R高順 コスト2.5 武力9 知力5  特技 勇  計略 陥陣営

 SR呂姫 コスト1.5 武力5 知力4  特技 魅・勇  計略 天下無双・改   (旧カード)

 C胡車児 コスト1.5 武力6 知力3 特技 無し  計略 完殺戦法


 4枚構成のデッキ。槍2本、騎馬2体とバランスはよさげ。

 序盤は相手に攻めさせ、士気の溜まり具合を見つつ足並みをそろえてカウンター。中央ラインあたりから暴虐で強化し、槍2体で乱戦。そこから胡車児の完殺戦法で武力底上げ&相手の復活を遅らせる。敵を殲滅したら後は陥陣営で一気に落城。
 これがこのデッキの黄金パターン。

 陥陣営の効果は自城ゲージが半分ぐらいでも武力が12近く上がります。攻城力は城門に叩き込めば自城ゲージの減り具合よりミリ少ないぐらい削れるので、多少の差なら一撃でひっくり返すことが出来ます。自城ゲージがミリの場合なら、高順で城門に叩き込み騎兵の攻城1発で落城も可能。使っててこんなこというのもアレなんですが、正直、バランス悪いぐらいに強すぎます。

 完殺戦法は、胡車児が乱戦していて騎兵で突撃して相手を倒しても効果が乗るのでかなり使いやすい。暴虐とあわせれば、それだけで胡車児の武力は16、通常の号令相手なら十分にぶつかり合える状態になります。また、呂姫の天下無双・改も地味に有効。武力が8上がり、兵力も5割ほど回復するので、ここぞというときに粘ってくれる。

 ただ、最初にも述べたとおりダメ計には滅法弱い。相手の士気と戦略を読み、極力複数部隊が計略範囲に入らないように運用することが必要。

・2008年1月6日追記
 先日、先々日とプレイした感想ですが、思いの外ダメ計にも対応できることが判明。周瑜の赤壁の大火で董卓と高順が焼かれたんですが、二人ともしっかり焼け残りました。その後は兵略増援で一気に回復。士気7使わせて微妙に兵力を減らしただけにとどめられたので、兵力十分な状態であれば、周瑜も大丈夫。とは言え、ダメ計のダメージのランダム幅が増加しているようで、焼けてしまうこともありそうですし、乱戦して削られている状態で打たれたら厳しいのは変わらず…。やはり、範囲に複数部隊が入らないように気をつけたほうが懸命でしょう。

 ついでに書くと、大水計デッキにも当たったんですが、こちらはとても対応しやすいです。相手の狙いは荀攸でマウントを取り攻城、出てきた部隊を水計で一網打尽!って所でしょうが、逆に攻めあがってしまえば範囲に入れようがありませんし、知力の低い槍兵2体とある程度知力の高い騎兵2体を分けて進軍すれば、何とかなります。

 実際に高順と董卓で先に進み、慌てて相手が大水計を使ってきましたが、高順の兵力は半分程度しか削られませんでした。そこから槍兵のラインを上げ、暴虐から完殺、少し兵力が減ったところで兵略増援、相手を殲滅して陥陣営と、比較的楽に落城まで持っていくことができました。

 あと、非常にやりづらかったのが麻痺号令と雲散反計デッキ。

 麻痺号令だと、こちらが自城を削って攻める以上、相手は守りに徹するだけで勝ててしまうわけでありまして、そのまま取り返せずに時間切れというのが2回もありました…。まずは序盤にどれだけ柵を壊せるか、そして、暴虐を使った後に一気に乱戦まで持っていく。乱戦してしまえば、武力差で押し切れますので。後は計略を小出しにして暴虐の効果時間の短さを補いつつ武力差を保つ…。とは言え、大体相手は城の前に陣略連環を置いているので、かなり厳しいことは確か。

 もう一つは雲散。
 司馬懿の機略自在の場合、暴虐を雲散されてもこちらが士気1得するのでありなんですが、機略の強化から夏候惇の雲散とかにつながれるととても厄介。また、陥陣営も完殺戦法も雲散一つで無効化されてしまうので…。

 雲散の睨みなら士気で差はつきますが、逆に意識しすぎるとダメっぽいですね。